menu

初めての訪問

グルメマッシュ
グルメマッシュ
プロローグ
栄養と健康
椎茸の出来る迄
日速何cm
防衛隊
美味しい話
キノコ用語
現在培養中
お出かけします
サイズの違い
椎茸の選び方
ダイエット?
生椎茸の保存
袋開け
未知との遭遇?
あなたならどれに?
注目される置き物
リニューアル
シロネコ探検隊
ためして満点
商品の紹介注文はこちらから椎茸料理レシピ趣味と実益地域情報i-modeメールマガジン今日の画像プレゼント

グルメマッシュてなんだ?


      

gourmet mushroom(美味しいきのこ)から拝借した造語で、
gurume-massyuと書き、グルメマッシュと読みます。

美味しいキノコを作る農園にしたくて、この農園を始めた時に、グルメマッシュと名付けました。

私は、椎茸専門の栽培農家です。美味しい椎茸を作り、皆様に食べていただき、『美味しかった』と言っていただくのを楽しみに、毎日精を出して栽培しています。

椎茸と言っても、原木で栽培しているわけではないんですよ。


菌床栽培と言って、原木に使用する広葉樹のチップを使って、菌床(ほだ木)なる物を作り、それを栽培して椎茸を採っているんです。


 昔から椎茸は広葉樹に、椎茸の菌を打ち込んで、栽培していました。


しかし、栽培する為の広葉樹(原木)がめっきり減ってしまい、今では殆ど有りません。

しかしながら菌床栽培は、建築などに使った切れ端等の廃材を細かく砕いてチップにして、そのチップに椎茸の菌を混ぜ合わせて固まりにして作るものです。


大切な山の自然を破壊する事無く、本当ならゴミとなるような廃材木を再利用して有効に使用しているのです。


 昔は原木栽培に比べて、品質は落ちましたが、研究を重ねた結果、いまではそれが逆転して、菌床椎茸が原木椎茸を追い越してしまいました。

味、形、大きさ、どれをとっても負ける事が無くなりました。

(解らない言葉は、キノコ用語で)

椎茸と一口に言いますが、数えきれない程の品種があります。


そんな中から、自分で味を確かめて、これなら大丈夫という物を選択して、季節に合わせて栽培しています。


南アルプスに降った雨が、ゆっくりゆっくりと、時間を掛けて地下に染み込んだ、とっても美味しい地下水を汲み上げ、その水を使って出来た椎茸ですから、味には自信があります。

ほぼ実物大です。

塩を降り、炭火でじっくり焼き、レモン(ゆず)を絞って食べると最高です。



グルメマッシュ

椎茸のレシピ

商品紹介

注文はこちら

趣味と実益

地域情報

i-mode

メインメニュ−


ぐるめまっしゅ

郵便番号430ー0821 静岡県浜松市西町400 グルメマッシュ 代表 爪田行英
電話 053ー425ー5000 kinoko@gurume-massyu.com