menu

初めての訪問

グルメマッシュ
グルメマッシュ
プロローグ
栄養と健康
椎茸の出来る迄
日速何cm
防衛隊
美味しい話
キノコ用語
現在培養中
お出かけします
サイズの違い
椎茸の選び方
ダイエット?
生椎茸の保存
袋開け
未知との遭遇?
あなたならどれに?
注目される置き物
リニューアル
シロネコ探検隊
ためして満点
商品の紹介注文はこちらから椎茸料理レシピ趣味と実益地域情報i-modeメールマガジン今日の画像プレゼント

しいたけの栄養成分


 大まかにいうとタンパク質、脂質、糖質、繊維質、灰分が含まれています。

タンパク質

脂質

糖質

繊維質

灰分

22.7

3.8

59.2

10.0

4.7

灰分の中には

無機質(mg%)

ビタミン(mg%)

Ca

Fe

Na

B1

B2
ナイアシン

13

302

5

21

2352

0.64

1.90

20.2
この様な栄養を含んでいます。しかし、ビタミンDが出て来ません、ここからが、しいたけの面白いところです。

含んでいないはずの、ビタミンDに変身する物質(エルゴステロール)を持っているのです。

しいたけの持つエルゴステロールという物質は、紫外線を受けるとビタミンDに生まれ変わります。

ビタミンDは、人間の骨や歯の発育を促進する働きをもつビタミンです。その意味では子供にとっても重要な栄養素の1つです。

干し椎茸でなくても良いんです。生しいたけを食べる事によって、エルゴステロールを身体に取り込んで、自分が太陽光線にあたる事により、エルゴステロールが、ビタミンDに変換されます。

しいたけはビタミンD大切な供給源なのです

太陽太陽

身体の中にビタミンDが一杯できます。

椎茸

食物繊維は健康の強い味方。

食物繊維は多糖類やリグニンなどの消化吸収されない高分子の物質を総称したものです。薬理効果の面からも、タンパク質、糖質、脂質、ミネラル、ビタミンに続く、6番目の栄養素といわれています。

成人病の予防、免疫力の活性化、癌などの抗腫瘍効果など健康には欠かせない強い味方となってくれます。

シイタケだけに含まれている特有の成分『エリタデニン』は、血液中の総コレステロール値を下げる働きがあることが知られています。

椎茸に含まれているカリウムは、ナトリウムの排出を促し、血圧を下げる作用があります。カリウムは体内に蓄えておくことができないので、毎日の食事のなかで取り入れていくことが望ましい。

キノコには次のような薬理効果が証明されています。

免疫増強作用、血糖降下作用、強心作用、血圧調整作用、脱コレステロール作用、抗血栓作用、抗ウィルス作用

キノコの効用について産経新聞で取り上げられています GO


次へ

メニュ−へ

グルメマッシュ

椎茸のレシピ

商品紹介

注文はこちら

趣味と実益

地域情報

i-mode

メインメニュ−


ぐるめまっしゅ

郵便番号430ー0821 静岡県浜松市西町400 グルメマッシュ 代表 爪田行英
電話 053ー425ー5000 kinoko@gurume-massyu.com