menu

初めての訪問

グルメマッシュ
グルメマッシュ
プロローグ
栄養と健康
椎茸の出来る迄
日速何cm
防衛隊
美味しい話
キノコ用語
現在培養中
お出かけします
サイズの違い
椎茸の選び方
ダイエット?
生椎茸の保存
袋開け
未知との遭遇?
あなたならどれに?
注目される置き物
リニューアル
シロネコ探検隊
ためして満点
商品の紹介注文はこちらから椎茸料理レシピ趣味と実益地域情報i-modeメールマガジン今日の画像プレゼント

菌床椎茸の栽培行程を紹介します。


      

仕込み

培養

発生

収穫

仕込み
3月から4月にかけて行われる。

培地の調整(おが粉、栄養体をミキサーでかく拌する)

栄養体…米ぬか、ふすま、とうもろこし等

袋詰め(培養用の専用袋に詰める) 


    

殺菌(袋詰めした菌床を殺菌釜に入れて蒸気で殺菌する)

殺菌釜にも高圧蒸気滅菌機と常圧蒸気滅菌機が有る

冷却(菌床に雑菌が入らない様に、強制冷却する)

せっかく殺菌しても、時間が経つと又細菌が混じってしまう事が有る。

接種(種菌を菌床に接種する) 

 完璧な滅菌質が無いと、殺菌から接種行程で雑菌が入りやすく、培養後の不良率が高くなるので、現在ここまでは専門の業者に委託する事にしました。

培養

暗闇の中で30日から40日置かれ、その後明るいところで3ヶ月置かれ、茶色になったら、袋から出す。
7月頃

(温度、湿度、などを調節しながら3〜4ヶ月培養する)


7月3日現在の様子

約1ヶ月で真っ白に成り、その後少しずつゆっくりと、褐変(茶色)して来る。


7月3日現在の仕上がり具合


収穫用ハウスこの中で菌床を棚に並べて椎茸を発生させる。

9月中巡頃から、ぼちぼち芽が出始める。

発生(袋から出してきのこを発芽させる)
2000年の画像
温度が下がって来て、本格的にキノコが発生する、10月頃。このまま6月頃迄何回かの浸水作業が行われて、椎茸を収穫仕手行く。

収穫適当なかさの開き具合を見計らって収穫する)
2001年の画像

上の椎茸を収穫したところ(実寸は画像よりもっと大きい)

3月に菌床を作り始めて、翌年の6月頃菌床の一生を終える、これが1クールです。

実際に良い椎茸が採れるのは6ヶ月ぐらいです。

グルメマッシュ

椎茸のレシピ

商品紹介

注文はこちら

趣味と実益

地域情報

i-mode

メインメニュ−


ぐるめまっしゅ

郵便番号430ー0821 静岡県浜松市西町400 グルメマッシュ 代表 爪田行英
電話 053ー425ー5000 kinoko@gurume-massyu.com