初めての方

グルメマッシュ

商品紹介

椎茸の注文

レシピ

趣味と実益

地域情報

i-mode

メルマガ
竜源橋→天祥寺原→大河原峠→双子山→双子池→亀甲池→天祥寺原→竜源橋

北八ヶ岳の池を巡るトレッキングコース

 

双子池雌池

 朝4時30分自宅を出発して、ビーナスライン沿いの竜源橋駐車場

(9時30分)に到着。

 蓼科山の下山ルートとしてよく利用されている、天祥寺原の樹林帯を下る

コースを、今回は逆に大河原峠へ向かって登って行きます。

 竜源橋出発時間=9:45分

 シラビソの樹林帯の下に、笹が絨毯

の様に広がる、緩やかな登山道を、天

祥寺原に向かって、歩きはじめます。  

 2000m付近迄は、木に覆われて

いて、ほとんど景色を楽しむ事は出来

ませんが、将軍平からの道と合流する

辺り迄来ると、木の数が減って、蓼科

山、北横岳が直ぐ傍に横たわるのが観

えて来ます。

 本日は少しガスが多くて、なかなか

はっきりとは、山容をとらえる事は出

来ませんでした。時々蓼科山が現れて

は消えといった状態です。

 天祥寺原の少し手前辺りで、早めの

昼食を摂ることにし。約30分

 歩き始めて約2時間余りで天祥寺原

の分岐点(北に大河原峠、東に亀甲池)

に着きます。

 天祥寺原分岐=0:00分

 この辺りでは時折日も射す様になっ

て来て、心配された天候の悪化は無い

様です。

 

 こんな感じの笹原が続く道を、高山

植物を探しながら、大河原峠に向けて

歩きます。

 (アキノキリンソウ、ハクサンフウロ、オトギリソウ等)

 40〜50分歩いたでしょうか、

大河原ヒュッテの赤い屋根が観えて来

て、大河原峠に到着です。

 大河原峠=0:45分

 峠の駐車場は夏休みを楽しむ、遠く

からやって来たと思われる車で

いっぱい。

 私達はここでトイレを拝借して、

トレッキングコースの看板等を眺め

ながら一服した後、双子山への登山

道へ足を進めます。

 こちらの看板に注目!

この地点の標高がまさかの209m?

よく見ると1文字分空いています。

 多分最後の一文字が取れてしまって

無くなってしまったのではないかと

思われます。本当のところは

209 ?mでしょう・・・

 大河原峠発=1:15分

 双子山迄はガレた感じの登り道が続きます。

 15分も歩けばお椀を二つ並べた様な頂上に着きます。

 双子山到着=1:30分

 ここでも夏特有のガスがかった状態が続き、はっきりとした景色は観る事が

出来ませんが、一応山の姿を見る事は出来ました。

 登り始めた竜源橋の

方角です。

 双子山の相棒

 北横岳の姿
 蓼科山と前掛山の姿

 双子山から双子池へ向けて下る事

20分、樹林帯の間から微かながら、

双子池の姿が見えて来て、池を見る

のが楽しみな、私の心が弾みます。

(私:池好き)

 双子池到着=2:00分

 池の周りに在る岩には、トンボ達が

休息していました。

 雄池には清く済んだ透明感溢れる水

が蓄えられ、神秘的な姿をかもし出し

ています。山小屋のご主人の話です

と、飲んでも問題ないようで、水質

検査で毎年合格しているそうです。

 静寂の中にたたずむ山小屋は自然派

思考にはたまらない情緒溢れるもので

した。

 雄池から見上げた「双子池ヒュッテ」

雌池

 亀甲池迄は大きな岩がゴロゴロした、樹林帯の中を50〜60m程登り

返して再び下り、約40分程の道のりです。

亀甲池到着=3:00分

亀甲池

 ここでしばらく池を眺めながら、簡単におにぎりやらお菓子等を口にして、

小休止し、天祥寺原ヘと向かいます。

 天祥寺原まで平らな道を20〜30分歩いて、ぐるっと1周した事になります。

 天祥寺原到着=3:30分

 ここからまた道を左に取って、来た道を下って帰りました。

 竜源橋到着=4:40分

北八ヶ岳トレッキングで見つけた高山植物

アキノキリンソウ
ハクサンフウロ
オトギリソウ

ウツボグサ
ギボウシ
シロニガナ

シシウド
ワレモコウ
ヤマハハコ

イタドリ
リンドウ
タテヤマアザミ

ホタルブクロ
トモエシオガマ
ノアザミ

コケモモの実
クガイソウ
マルバタケブキ

イチヤクソウ
ヤマオダマキ
ゴゼンタチバナ

タケシマランの実
マツムシソウ

ヤナギラン
エゾスズラン

2007年 8月 18日

    

MENUへ

グルメマッシュ

椎茸のレシピ

商品紹介

注文はこちら

趣味と実益

地域情報

i-mode

メインメニュ−

グルメマッシュ

郵便番号430-0821  静岡県浜松市西町400  代表 爪田行英
 電話 053-425-5000  
kinoko@gurume-massyu.com

Copyright(c)2001-2004 gurume-massyu. All rights reserved.