初めての方

グルメマッシュ

商品紹介

椎茸の注文

レシピ

趣味と実益

地域情報

i-mode

メルマガ

竜ガ岳(1485m)のダイヤモンド富士を求めて

樹海側の展望台から観た竜ガ岳の様子

なだらかな風貌を見せるその山は、木がほとんど無く、クマ笹に覆われている為、景色は抜群で、富士山を眺めるには絶好のポイントである。

コース行程:本栖湖登山口より→東屋→竜ガ岳→本栖湖

登山の準備を始める。気温マイナス4度

日が登る前に目的の東屋付近に到着、日の出を待つ。

山梨県に入る迄はまったく雪等無かったのですが、本栖湖付近に到着すると一面の雪景色で、雪が降らない浜松に住んでいるものとしては、なぜかこどものように心が弾むのを感じました。

東屋迄は急勾配も無く、登山道も整備されていて、足下さえ注意すればなんら問題ない行程です。

途中凍結している箇所が出て来たので、安全の為にアイゼンを装着して登りました。

眼下の風景(東屋から)

雲にガードされる富士山

この場所(東屋)で待つ事1時間、ガスが時折消えて富士山が見え隠れし、その度に一喜一憂しダイヤモンド富士を期待しましたが、とうとう見る事はかないませんでした。

ダイヤモンド富士を諦めて、頂上に向かって歩を進め、眼下に見える景色を堪能しながら、約1時間で登頂。

360度の景色を堪能し、軽くお腹に食べ物を放り込み下山する事に。

竜ガ岳頂上から雨ガ岳

やはり雲に隠れる富士山

下山の際は途中から登りのコースを離れて、本栖湖に向かってクネクネと下り降りるように美しい自然林の中を、下山しました。

この道は木が多く美しさに目を奪われるようなところが随所に観られ、とても素敵な登山道です。

下山途中で観た風景

まるで樹氷のように見える

木々に積もった雪

眼下に本栖湖を眺めながらの下山

素晴らしい冬景色に感嘆しながら、足も軽やか。

下山後、お日様が高くなり真っ青に晴れ上がった空の中に、スッポリと雪をかぶり、雲の帽子を冠った、おおいなる富士山の姿がとても印象的でした。

雨ガ岳

富士山

毛無山

2006年 1月3日

    

MENUへ

グルメマッシュ

椎茸のレシピ

商品紹介

注文はこちら

趣味と実益

地域情報

i-mode

メインメニュ−

グルメマッシュ

郵便番号430-0821  静岡県浜松市西町400  代表 爪田行英
 電話 053-425-5000  
kinoko@gurume-massyu.com

Copyright(c)2001-2005 gurume-massyu. All rights reserved.